事例

カンボジアの浄水場で15%のエネルギーと節水を実現

私たちは水を生産する価格を大幅に安くし、利益を増やしました。また、十分な水を提供することができ、顧客を満足させています。

タケオ・セーフウォーターサプライカンパニーSila氏

カンボジアのタケオ州では、給水会社が約44,000人の住むドゥン・カエフの小さな都市と周囲の45の村に飲料水を供給するため、できる限りの技術で対応していました。1995年に設立されたタケオ・セーフウォーターサプライカンパニーは、毎年成長を続けています。今日、同社のネットワークは約140キロメートル(87マイル)に及びます。

ロカクノン湖からの供給を受けて、同工場ではイタリアや中国製の古いモデルのポンプを使用して、処理した水をネットワークに配水していたと部長のSok Por氏は言います。「これらのポンプは、圧力計を使用してのみチェックされていました」と彼は言います。「スタンバイ生産チームは、このメーターに基づいてチェックと測定を行いました」。

すべて手作業で行われていました。チームは、圧力計と毎日の水使用時間表を組み合わせて、日々のサイクルごとにポンプをネットワークに追加したり、ネットワークから削除したりしました。「圧力が上昇して4バールを超えた場合、配水管の破裂を防いで圧力を安定させるために、1台のポンプを減圧する必要がありました。スタンバイ中のチームは定期的にチェックする必要がありました」。

最善の努力にもかかわらず、チームは必要な圧力を過大評価し、配管の損傷、無収水(NRW)による水損失、エネルギーの無駄使いを招くことがあったと付け加えました。 タケオ・セーフウォーターサプライの推定NRWは26%と高く、ポンプの交換部品のコストも高価でした。また、プラントから最も離れた村の顧客は満足していませんでした。

カンボジアのタケオ・ウォーターサプライの工場技術部長のSila氏は、グルンドフォスシステムを設置した後、彼の会社はエネルギーを20%、水の損失を13%節約していると語っています。「私たちは水の価格をより安くして、より多くの利益を得ました」と彼は言います。

水のない村

たとえば、プレク・パアオヴ村はプラントから約10 km(6.2マイル)離れています。以前は、ここの蛇口から水は1日数時間しか流れなかったため、住民も地元の企業も同様に苦労していました。

「水がなかった以前は、私にとって非常に困難な事態でした」と、地元住民のNab Orn氏は言います。「使いたくても水がない、という状況でした。 全くなかったのです」。

その結果、自宅に届けられる水代を払うか、時には他の村人から水を買ったと言います。 「私は水に多くのお金を費やしていました」と彼女は言います。

プレク・パアオヴ村に住むNab Orn氏は、以前村では1日数時間しか水道が使えなかったと述べています。彼女は水を届けてもらうための料金を支払わなければなりませんでした。「私は水に多くのお金を費やしていました。」と彼女は言います。

ソリューション

タケオ・セーフウォーターサプライはグルンドフォスと協力して、需要主導型配給(DDD)という十分にテストされた技術を、「実績に基づく契約」と呼ばれる新しい資金調達モデルとともに実装しました。

南アジアのグルンドフォス水道設備分野部長のAloysius Chan氏は、DDDのために、グルンドフォスはタケオ工場のポンプシステムの監査を実施し、圧力、流量、エネルギー消費などの主要なデータポイントを調査したと述べています。「このデータは、実際には無収水量とエネルギー消費量を非常によく示しており、水とエネルギーの節約を検討する際の2つの重要なパラメータです」。

給水プラント技術部長であるSok Por氏は、グルンドフォスの新しい需要主導型配給(DDD)システムによる圧力調整には期待していなかったと述べています。「今ではそれの素晴らしさが証明されており、ニーズに応じて調整できることが示されています。それは私が思っていたのとは正反対です」と彼は言います。

監査の結果に基づき、グルンドフォスは配水用高効率ポンプ、制御盤、圧力センサなどのDDDシステムを設置しました。グルンドフォスは、ネットワークの重要なポイントにセンサを設置しました。この場合、そのうちの1つはプレク・パアオヴ村にあります。センサは、地域の水消費量に基づいて圧力と流量を測定し、この情報を水処理プラントの制御盤に送り返します。時間の経過とともに、システムは村の消費パターンを時々刻々と予測することを学習します。それに応じて、システム全体の圧力を調整し、またはそれに応じてポンプのオン/オフを切り替えて運転を行います。

ステーションの作業員にとって、このシステムが実際に自動的に機能するとは、最初は信じられませんでした。長年の手動調整と当て推量で運転してきたため、最初はシステムを信頼することは困難でした。

「設置前は、配水管が破裂するのではないかと心配でした」とSok Por氏は言います。「夜間に給水するポンプが高圧で、それを使用している顧客が少ない場合、それだけで削減されるとは思いませんでした。それほど期待していなかったのです。しかし、それはすばらしいことが証明され、ニーズに応じて調整できることが示されています。それは、私が考えていたものの正反対でした」。

グルンドフォスNKEポンプは、カンボジアのタケオセーフウォーターサプライの需要主導型配給(DDD)システムの心臓部です。

実績ベースの契約

DDDシステム全体の費用を支払う代わりに、タケオはアップグレードによって達成した節約に基づいて、年間の分割払いを行います。したがって、システムがエネルギーとNRWで5年間でXドルを節約すると予測される場合、タケオはその50%をグルンドフォスへの機器の支払いとして支払うことに同意し、タケオは残りを保持します。

「実績ベースの契約の場合、水処理プラントのオペレータは、ポンプに関する最先端技術を利用するための投資を最小限に抑えることができます」とChan氏は言います。「第二に、パフォーマンスを数値で正当化できることです」。このシステムはデジタルデータをリアルタイムで収集し、日々、また長期的にも監視を可能にします。重要なポイントで安定した圧力を維持していますか? ポンプは可能な限り最高の性能を発揮していますか?

「定量化可能で測定可能なものは多くの処理プラントに欠けており、それによってポンプの性能を定量化し正当化することができます」とChan氏は言います。「彼らは流量を正当化し、エネルギー消費を正当化することができます。さらに、揚水圧力を正当化することもできます。そして、彼らは長期にわたる完全なトレンドを目にするでしょう」。

タケオ・セーフウォーターサプライの供給ネットワーク責任者であるEm Eang氏は、水プラントのネットワークの重要なポイントの1つである駅から10 km地点のプレク・パアオヴ村にあるリモートセンサーを検査します。センサーは毎日の水の消費量データを収集し、それを中央コントローラーに送り返して、システムの負荷プロファイルを自動的に調整します。

導入の成果

現在、浄水場を取り巻く村々には24時間水が供給されています。住民は余分な水を買う必要がなくなりました。タップするだけです。

「今では水があります。家族も私も安心です」とNab Orn氏は言います。「煮沸や調理に水を使用する必要がある場合、これまでのように難しくありません。 夏季であっても、家の周りに何でも植えることができます。また、一部の村人はクイ・ティーブ(スープ)やコーヒーを売るビジネスを経営したいと考えています。今では十分な水が手に入ります」。

浄水場にとって、このシステムは多くの分野での節約と、新しい働き方を意味していました。

1年後、プラントは以下を達成しました: エネルギー使用量を20%節約、漏水による無収水損失の13%削減、配管破裂の29%削減。

「この新しいシステムの設置にとても満足しています」とSok Por氏は言います。「まず、電力を節約します。第二に、処理に必要な化学物質である原料を節約します。最後に、損失を削減しました。お客様の必要な圧力に基づいて水を供給します。必要に応じて正確に流れます。以前とはまったく異なります」。

Karthik Balasubramaniam氏(左)は「DDD」システムの心臓部であるCU 354コントローラーを、タケオ・ウォーターサプライの供給ネットワーク責任者であるEm Eang氏と協力して検査します。

さらに、DDDシステムにより、同プラントの従業員は1日中ポンプを監視する必要がなくなったため、「大幅に」従業員を削減することができました。

工場の技術部長Sila氏は言います。「私たちは利益を上げるために新しい技術に切り替えました。電気、薬品、破損、配管からの水漏れなどで失った利益。新しい技術を導入したことで、多くの費用を節約できました」。

Sila氏はさらに次のように付け加えます。「水を生産する価格を大幅に安くし、利益を増やしました。また、安定した水供給を提供することができ、顧客を満足させています」。