事例

古い処理場がポーランドで最高の工場になった経緯

グルンドフォスとともに、システム設計を最適化しました。

ポーランド,トマシュフ・マゾビエツキのカダグア契約マネージャーAdam Bierut氏

ポーランドの都市、トマシュフ・マゾビエツキ(人口約 80,000人)には、1970年代に建設された老朽化した廃水プラントがありました。メンテナンスやエネルギーの消費が多く、2000年代まで廃液量を十分に低く抑えることが困難でした。

「技術的には時代遅れでした」と、1993年以来市の工場長を務めるWaldemar Debowski氏は言います。「エアレータは多くのエネルギーを消費し、酸素はほとんど生成しませんでした。エネルギー消費の80%を占めました。理想的なソリューションではありませんでした」。

同市は工場の再建のためにEUの資金援助を受けました。2013年に、ブディメックス・カダグア・コンソーシアムに発注しました。請負グループは、新しい化学的および生物学的処理プラントの設計を開始しました。浅い(深さ3.9メートル)タンクの要件は、エネルギー効率の高い曝気および混合システムの設計と構築に課題をもたらしました。

トマシュフ・マゾビエツキプラントは、グルンドフォスHydro MPC圧力ブーストシステムを使用しています。「私はポーランドでのすべてのプロジェクトにおいて、グルンドフォスから購入をしています」とカダグアの契約マネージャーであるAdam Bierut氏は言います。

ソリューション

プロセスの初期に、カダグアはグルンドフォスのポンプ、注入装置、ブースタ、さらに曝気グリッド、ミキサ、ブロワを含むバイオリアクタ用のすべての装置を供給しました。グルンドフォスは、バイオリアクタの設計、サブサプライ、組立も指揮しました。

「グルンドフォスは当初から私たちと一緒でした」とカダグアの契約マネージャー、Adam Bierut氏は言います。「グルンドフォスはプラントの設計に積極的に関与していました。 バイオリアクタは、プラントの最も重要な部分です。窒素とリンが除去されます。これらはグルンドフォスによって設計されました」。

グルンドフォスは計算流体力学(CFD)モデリングとシミュレーションを使用して、バイオリアクタの理想的な流路を開発しました。

カダグアが市からの廃水が流入し続けている間にトマシュフ工場を再建することは、一度に1つのラインを建設することを意味していました。前景写真:グルンドフォスが設計した新しいタンク。

導入の成果

「これは、流出時に窒素レベルを4-5mg / l、リンレベルを 0.4mg / lに下げることがで きるポーランドで数少ない生物学的処理施設の1つです」とAdam Bierut氏は言います。「つまり、すべての機器と設計がこの作業に適しています。」

プラントマネージャーのWaldemar Debowski氏は、ブロアと曝気システムの近代化だけでエネルギー消費量が大幅に削減され、処理水のパラメータも改善されたと言います。

「グルンドフォスは当社の最も重要なサプライヤーであると言えます。」とDebowski氏は言います。

このようなグルンドフォスの計算流体力学(CFD)シミュレーションにより、トマシュフのリアクタタンクの最適な設計が明らかになりました。

「グルンドフォスが提案したソリューションを導入した後、エネルギー消費は50%減少しました。しかし、私にとって最も重要な結果は、高効率の曝気です。暑い日でも、カルーセルのパラメータを維持するのは簡単です。技術者として私にとって最も重要なことです。」

処理された地方自治体の工場からの流出水は、ポーランドで最も長いヴィスワ川の支流の1つであるピリカ川に流れ込みます。工場から約800メートル離れた自然保護区を流れています。

「処理された廃水のパラメータは、河川水のパラメータよりも優れています」と彼は言います。「要するに、ピリカ川の水は精製されているのです。」

その他の関連事例

グルンドフォスのソリューションをご活用いただいているお客様の事例もご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。

関連製品

このテーマに関連するグルンドフォスの製品をご覧ください。