事例

成長する都市に、驚くべきメリットをもたらすポンプのアップグレード

効率的で静かなポンプは、私たちの作業環境に適しています。

曲江水道社技術設備責任者Liu Zhiwei氏

中国の曲江市の山岳地帯では、昔から水は重力の流れによって支えられてきましたが、都市化は新たな課題をもたらしていました。

「この水道が1990年に建設されたとき、私たちは省エネルギーと高効率に重点を置いていました」と広東省の韶関市曲江水道社の技術設備責任者のLiu Zhiwei氏は述べています。「しかし、近年中国では多くの都市開発が行われています。新しいビルが絶えず建設されています。生活水準の向上に伴い、家庭での水の消費量も増加しています」。

プラントは町の60メートル上にある丘の中腹にあるため、処理された水は市の中心部に流れます。「重力流を使用する私たちの古いモデルは、もはや都市開発のニーズを満たしていません」とLiu Zhiwei氏は言います。「地域の水需要を満たすことができないのです」。

このプラントでは、上水道の60,000平方メートルの拡張を建設しており、その能力はほぼ2倍になります。さらに、同氏は「国の省エネと排出削減の呼びかけに積極的に対応し、時代遅れの高エネルギー消費機器を段階的に廃止するために、ブースターポンプステーションでポンプ診断を行うためにグルンドフォス上海の技術者を曲江水道社のオフィスに呼びました。

プラントでは、シリウエおよびシャオウエのポンプステーションの改修に着手しました。

Liu Zhiwei氏は、同社の重点は両方の効率性にあったと言います。改修後、彼のチームは新しいポンプが「騒音低減」という別のメリットをもたらすことに気づきました。

「ポンプ効率を改善するプロジェクトとして始まったものは、別の利点をもたらしました。静かなポンプという労働者の幸せだけでなく、安定した水供給と質の高い生活などの周辺コミュニティへの利点です。」と中国の韶関市のシャオイエブースターポンプステーションにて、曲江水道社の技術設備責任者のLiu Zhiwei氏は言います。

グルンドフォスのポンプ診断では、特にシリウエのポンプ室では水頭が高すぎる設計上の問題があったことが明らかになりました。電動機は常に過負荷状態にあり、エネルギーを無駄にし、システムの運転は故障の危険にさらされていました。

「そして、シャオイエステーションのポンプは20年間運転されていました」と彼は言います。「安全性と信頼性に問題がありました。 ベアリングは定期的に交換する必要がありました。制御盤では、旧式の降圧変圧器を使用してポンプを起動していました。そして、両方のステーションで騒音問題が発生していました」。

「このプロジェクトを通して、私は経済的利益を追求するだけではないことを学びました。人道的な懸念や職場環境についても学んだのです。」と曲江水道社の技術設備責任者のLiu Zhiwei氏は言います。

実際、ポンプ室の騒音は97-112デシベル(dB)と測定されていました。世界保健機関(WHO)によると、騒音に対する人間の平均的な痛みのしきい値は100dBで、そのような騒音レベルに8時間さらされると深刻な被害を引き起こす可能性があります。騒音問題の一部は、これまでのポンプの垂直設置に起因するもので、ひどい振動をもたらしていました。

「労働者の環境を改善し、エネルギーを節約したかったのです」と、Liu Zhiwei氏は言います。

曲江水道社は、もはや韶関の都市開発のニーズを満たすことができませんでした。それに対応するために、容量を2倍にし、2つのポンプステーションを改修しました。

解決策と結果

曲江水道社では、各ポンプステーションにグルンドフォス製LS 75 kW横形ポンプ2台を設置しました。

シリウエとシャオウエでは1年後、新しいポンプの省エネルギー率はそれぞれ33%と17%と推定されました。「節減された電力消費量は、省エネルギー計画での当社の設定値を満たしています」とLiu Zhiwei氏は言い、節約効果はポンプの高効率と水供給の正確な需要を満たすことによると付け加えました。

「改修プロセスの最初から、私たちの焦点はエネルギー効率の向上にありました」と彼は言います。「しかし、グルンドフォス製ポンプを使い始めたとき、ポンプも静かということに気づきました。現場の作業員はこれに大満足でした」。

曲江水道社の部門長であるZhong Jinshou氏は、新しいグルンドフォスポンプの安定性と静かな運転を楽しんでいると語っています。

今日、ポンプが運転しているときの騒音レベルは85dBで、長期にわたる騒音に対して安全なレベルです。

「効率的で静かなポンプは私たちの作業環境に適しています」と彼は言います。「また、新しい安定したポンプのおかげで、給水保証率が向上しました。これは市民にとって大きな助けとなります」。

Liu Zhiwei氏は、グルンドフォスのポンプ診断は技術に関する視野を広げるのに役立っただけではないと言います。「このプロジェクトを通して、私は経済的利益を追求するだけではないことを学びました。人道的な懸念や職場環境についても学んだのです。私の将来の管理業務において、これらの側面も考慮する必要があるでしょう」。

その他の関連事例

グルンドフォスのソリューションをご活用いただいているお客様の事例もご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。