事例

水の再利用が表面処理プラントの廃水を資源に変える

私たちは町の人と同じように地下から水を汲み上げます。新しい水を取り込む代わりに、これをリサイクルすることで、地域社会のために節水します。

グルンドフォス・デンマークのシニア製造ディレクターAnders Lund Hansen氏

背景

デンマークのビェリンブロにあるグルンドフォスの広大な工場の一角では、魔法のような出来事が起こります。

フォークリフトやパレットがひしめく中、作業者は光沢のある金属部品をラックに吊るします。吊り下げられたポンプベース、モータスツール、フランジなどの部品は巨大な機械に移動し、表面処理やすすぎのために一連の化学薬品または水槽に次々と浸漬されます。そして、部品を静電塗装する槽に進みます。これは陰極電着(CED)または電気泳動と呼ばれます。このプロセスは、部品を錆から守り、仕上がりをきれいにします。そこから熱風乾燥機に入り、このシステムを出て工場に戻ります。作業者はフックから取りはずし、パレットに積んで工場の他のエリアに運びます。

水槽では、約5,000立方メートル(m3)の水を使用して、年間800万個近くの部品を洗浄しています。「これは、ビェリンブロの工場で最も水を消費するプロセスです」と、グルンドフォス・デンマークのシニア製造ディレクター、Anders Lund Hansen氏は言います。

「CEDプロセスは環境に影響を与えるため、私たちに大きな懸念を抱かせます。グルンドフォスには、2025年までに水使用量を50%削減することを目指した持続可能性の課題があります。

グルンドフォスは、デンマークに約8,000人の人口を抱えるビェリンブロにあります。 「私たちは、町の他の人たちと同じように地下から水を汲んでいます。私たちは、ビェリンブロの夫婦がシャワーを浴びたり、水を飲んだりしている同じ水源を使用しています。新しい水を取り入れる代わりに、このCEDプロセスで使用した水のリサイクルが可能ならば、それは私たちは地域のために、そして、ここに住む人々のために水を節約することが出来るでしょう」。

新たなダイキャスト部品が、グルンドフォスのCED表面処理システムに間もなく導入されるところです。

ソリューション

以前、グルンドフォスは汚れたCEDプロセスで使用した水を、現場の前処理センターに送っていました。 ここで基本的なろ過と前処理を経て、地方自治体の廃水処理施設に送られていました。

そこでグルンドフォスは、CEDプロセスで使ったすすぎ水の完全な廃水処理およびリサイクルシステムを構築する可能性を見出しました。

「私たちは製品、環境問題、化学、製造プロセスに関する専門知識を持つチームを編成しました」とAnders 氏は言います。「彼らは一緒にこれを構築し、水および廃水処理のいくつかの最新技術を駆使してそれを実現しました」。

CEDの廃水処理は、基本的には3つのろ過システムを経由してグルンドフォスBM逆浸透ユニットに水を送るシステムです。最後に、浄化された水は工場のCEDタンクに戻されます。

新しいダイキャスト部品のラックが、ビェリンブロのグルンドフォス工場にあるCED表面処理システムの、最初のリンスプールから引き揚げられています。

閉水回路

この工場では年間5,000m3の水を処理しています。これはデンマークの100世帯が年間に使用する水量であり、オリンピック競技規模の2つのプールに匹敵する水量です。処理水の80%が処理槽に戻され、残りの20%は固形物またはフィルターのフラッシングに使用されます。初年度、この閉鎖式水回路は半分の能力で運転していたため、最終的に年間10,000m3の水を処理することが可能です。

Anders Lund Hansen氏は、このシステムを構築する動機は金銭的なものではないと言います。「優れたビジネスケースを作成することが目的ではありませんでした」と彼は言います。「動機は持続可能性、つまり水の消費を削減したいという気持ちだけでした。

私たちはビェリンブロ工場で、水をリサイクルすることを選択しました。これは、中小規模の生産ユニットを設置していても違いを生むことができる、何ができるかを示すことができるのです

グルンドフォスグループ環境安全担当シニアディレクター Karen Touborg氏

それは当社の製品が持続可能性の課題にどのように貢献しているか理解するのにも役立ちます。当社の製品から多くの情報を引き出すことができる小さな研究所とも言えるのです」。水とエネルギーの課題にどのように貢献できるのでしょうか?

このシステムは、グルンドフォスCED表面処理アプリケーションからの廃水を一連のフィルターと逆浸透で処理します。その後、浄化された水をCEDユニットに送り返して再利用します。

資源としての廃水

同社の環境安全担当シニアディレクターのKaren Touborg氏は、グルンドフォスでは、他の産業と比べて水をあまり使用していないと述べています。「しかしながら、他の工場と同様に、グルンドフォスの活動は環境への影響を少なからず残しています。私たちは、ビェリンブロ工場で水をリサイクルすることを選択しました。これは、中小規模の生産ユニットを設置していても違いを生むことができる、何ができるかを示すことができるのです」。

Karen Touborg氏は、このプロジェクトは、水などの資源に対して私たちがこれまでと異なる行動を取ることを要求する、今日の環境課題に取り組むための全体像の一部であると付け加えています。「使用済みの水を廃水とは考えていません。処理されれば再利用でき、製造にループバックできるリソースと考えています。そこには無駄なものはなく、資源しかありません」。