はじめに

空調:はじめに

空調システムの各種構成機器と、最適な制御モードについてご紹介します。

まず初めに、一般的な空調システムを見てみましょう。 

この特定のシステムは、定流量のチラーを搭載した可変流量システムです。

 これは、一次ポンプ、二次ポンプおよび混合ループポンプを装備した多くの冷熱機器から構成されています。この場合には冷却面、天井冷房
およびファンコイルで構成されています。

さらに、システムには以下の3つの追加ユニットがあります。:圧力保持システム、熱回収システム、冷却塔

各ユニットは、独自のポンプで作動し、各ポンプには、1 つ以上の制御モードが適用できます。

制御モードには、一定曲線モード、圧力一定モード、推定比例差圧モード、測定された比例差圧モードおよび温度制御モードがあります。 

正しい制御モードとは、エネルギー消費量とコストの低減を意味するため、これは、システムの制御モードの効果にとって重要です。

流量と揚程が削減されると省エネが実現され、それにより消費電力が低下します。