ポンプの定義と2つのポンプ種類について

ポンプの定義と2つのポンプ種類について

容積式ポンプとうず巻ポンプについての一般情報。

地球の表面積の72%は水で覆われています。しかし、淡水の容積はこのうち3.5%にすぎません。

毎日、ヨーロッパでは1人当たり平均約150リットル、アメリカでは平均約380リットルの淡水が消費されています。

これほど大量の水をどのようにして消費者とやりとりしているのでしょうか?その答えはポンプです。

ポンプは私たちの生活を支えるうえで必要不可欠な役割を担っています。平均すると、工業用ポンプシステムは工業用電力需要のほぼ25%を占めています。

「ポンプとは液体を昇圧または移送する装置を指し、その外観や構造は様々ですが、その動作原理によって主に容積式ポンプとうず巻ポンプの2種類に分けることができます。」

容積式ポンプは主に往復ポンプまたはピストンポンプです。

このポンプ構造には次のようなメリットがあります:

• 高効率
• 正確な容積測定に使える
• 非常に高い圧力を発生させることができる
• 自動的に呼び水ができ、吸引力を生み出す低い水位からも水を吸い上げることができるためうず巻ポンプは間違いなく最も良く知られた設計で、世界中で使用されているポンプのうち80%以上を占めています。

うず巻ポンプのメリットは次の通りです:

• 非常にシンプルな構造で価格もメンテナンス費用も低い
• スムーズな水流を作る
• 小容量にも大容量にも対応できる