AUTOADAPTの仕組み

AUTOADAPTの仕組み

AUTOADAPT技術とそのしくみを詳しくご覧ください

暖房システムにおいて最適な循環ポンプ制御は、比例圧力曲線でポンプの圧力を制御することによって得られることは、よく知られている事実です。

しかし、暖房の必要性を計算し、新築時に設置した製品や改修時に設置した改良製品で、最適な設定を予測する事は、かなり難しい事がお分かりだと思います。

最適な位置は、家のサイズや暖房システム、ボイラーの種類、負荷状態やニーズの変化などの相関性のある要因によるものだからです。

AUTOADAPTは、推定流量と圧力より曲線の傾向を継続的に分析し、特定のシステムの要求に合わせて制御曲線を自動的に適合させます。ポンプ曲線が最大に達する前に暖房システムの要求に適応し、ALPHA2は快適性を向上させるか、消費電力を削減するために、比例圧力曲線を可変させ適合させることが可能です。

では、AUTOADAPTがニーズを分析し、設定を変更して、家の暖房需要に適合するか見ていきましょう。

暖房需要が最も高い場合でさえ、ALPHA 2は最適な仕様点を自動的に選択します。

暖房需要が減少すると、ALPHA 2はすぐに適応します。ほとんど、あるいは全く暖房が必要ない場合、 ALPHA 2は最低速度の4Wで作動します。  ALPHA 2は、一定の変化に自動的に可変速して適応します。

ご存知のように、AUTOADAPTは、家の快適性を損なわずに、季節による暖房装置の需要に適応します。