AUTOADAPT の導入

AUTOADAPT の導入

この短いビデオでは、グルンドフォスAUTOADAPTの基本的原理をすべて網羅しています。

グルンドフォスは20 年以上も前に省エネルギータイプの可変速度制御ポンプを開発しました。
そして今日、可変速度制御技術は、産業基準あらゆる分野で標準的となっています。

今日、グルンドフォス ポンプの効率の基本はAUTOADAPTとなっています。
この技術は現在一般家庭用途のALPHA2循環ポンプおよびMAGNA、COMFORTポンプシリーズで標準搭載されています。

AUTOADAPTにより、ポンプの出力が、絶えず変化するニーズに合わせて自動的に調整されます。

AUTOADAPTは、高度なソフトウェア・アルゴリズムを使用して、暖房システムを継続的に分析し、ポンプの差圧レベルが現在のニーズと一致しているかどうかを決定します。
... ポンプにとって最高の「比例圧力曲線」を選択します
... ポンプの出力を制御します

工場出荷時の設定では、AUTOADAPTは設置した時からこれらすべてを自動的に行い、
...設定と作業を大幅に簡素化することで、時間を節約して、悩みを取り去ります。

ポンプが設置されると、AUTOADAPTは、季節が変化し、製品寿命中に使用パターンが変化する時に、設定点が完全に最適化された状態を維持します。

つまり、設置後には、もはやポンプの仕様点について心配する必要はありません。お客様は、その後何年間もより快適に使用し、エネルギーを節約することができます。

これが、グルンドフォスの提供するAUTOADAPT 技術 です。

Grundfos Ecademy
www.grundfos.com