グルンドフォスAUTOADAPTのアルゴリズム 

<
>

ファイルサイズ: 275 KB   ページ数: 1

グルンドフォスAUTOADAPTのアルゴリズム 

技術的な観点からみると、 AUTOADAPT のアルゴリズムの目的は、操作中の暖房システムの測定と分析を行い、現在の暖房パターンに適合させることです。これは、3 段階のプロセスを介して比例圧力曲線の位置を最適化することによって行われます。


手順 1
「システムアナライザー」は、サーキュレーターが一部となっている暖房システムを分析します。分析に基づいて
AUTOADAPT が、サーキュレータの圧力が高すぎる、低すぎる、または正確であるかどうかを確認します。


手順 2
次に「曲線セレクター」は、この知識を使用してサーキュレータにとって最適な比例圧力曲線を選択します。


手順 3
最後に、サーキュレータは、「比例圧力制御」機能により選択した比例圧力曲線に従って制御されます。

システムアナライザー -->曲線セレクター -->比例圧力制御