調整可能な循環ポンプを選ぶ理由とは?

<
>
4010813_GJK_AUTOADAPT_Task 2 Why regulated circulators_ART02_AT

4010813_GJK_AUTOADAPT_Task 2 Why regulated circulators_ART02_AT

ファイルサイズ: 1 MB   ページ数: 11

Grundfos Ecademy

グルンドフォスAUTOADAPT

調整可能な循環ポンプを選ぶ理由とは?


2つの関連した事柄
調整可能な循環ポンプを使用する利点を理解するためには、関連する 2つの事柄を理解することが重要です。

  • 固定速型 対 可変速型循環ポンプ
  • 圧力一定制御 対 比例圧力制御

まずは、どのように建物の暖房需要が、絶え間ない変化におかれるのか見てみましょう。


常に変化する暖房需要
どのビルでも、暖房の需要は絶え間なく変化している状態にあります。これは、以下のいくつかの要因によって影響を受けます。

  • 周囲温度
  • 季節の変化
  • 人間の活動
  • その他の暖房源


固定速度の循環ポンプ
固定速度および可変速度の循環ポンプは暖房需要を満たすことができます。しかし、その方法は異なります。

固定速度型循環ポンプを使用するシステム:

  • 流量が減少し、圧力が増加
  • 部分負荷で減圧するには、差圧バイパス弁が必要


可変速度型の循環ポンプ
固定速度型の循環ポンプは、常に全速力で作動し、可変速型循環ポンプは、暖房需要の変化に合わせて出力を自動調整します。


固定速度型対可変速度型
実用的な面では、これは赤信号でフルスロットルでアイドリングストップをしている車と、
アイドリング状態の時にモータを停止するインテリジェントカーの違いです。


圧力一定制御
可変速度の循環ポンプを調整するには 以下の2つの方法があります。

  • 圧力一定制御
  • 比例圧力制御

圧力一定制御システムでは、圧力ではなく流量のみが変更されます。


比例圧力制御
比例圧力制御システムでは、変わりゆくニーズに合わせて流量とヘッドが調整されます。


グルンドフォス可変速型循環ポンプ
グルンドフォスの循環ポンプは、センサーではなくAUTOADAPTなどのインテリジェント・ソフトウェアを使用して差圧を予測します。

  • 流量が減少すると、ポンプの圧力は、速度変更により一定に保たれる
  • 流量が減少すると、回転速度を変更することにより、差圧も低下する

* 差圧バイパス バルブを削除します。


利点の要約
比例圧力制御搭載のグルンドフォス可変速型循環ポンプの提供内容:

  • 可能な場合はいつでも速度を低下させる
  • 低いエネルギー消費量
  • エネルギー料金の削減
  • 静音動作


Grundfos Ecademy
www.grundfos.com