工業用水再利用の概要と工業プロセスへの導入理由

さまざまな工業用水処理の用途と多くの企業が工業プロセスで水の再利用を重要視している理由について学びます。

大量の水が工業用に使用されていることを考えると、工業用水再利用システムによって世界各地で使用される水の量が増えることになります。

ここでは、さまざまな工業用水処理の用途と多くの企業が工業プロセスで水の再利用を重要視している理由について説明します。

水の再利用は、国連の「持続可能な開発目標6」(SDG6)に沿ったもので、一般的な水処理や工業用水処理に与える影響は大きいと言えます。

SDG 6の目的は、すべての人に水の使用可能性と衛生の持続可能な管理、衛生を確保するものであり、このことはGrundfosが積極的にサポートしている分野です。

企業が水再利用システムを導入する理由はさまざまですが、その大きな要因となっているのは以下のとおりです:

水不足 と清潔な水の入手可能性の低減が国連 SDG 6で議題となりました。

使用水、排水、化学物質使用に関わるコスト削減、および汚染水から貴重な化合物を抽出のためのコストが削減されています。

飲料水と非飲料水に関わる規制要件はますます厳しくなっています。

人口構造の変化、汚染物質の増加、マイクロプラスチックなどの新しい物質が引き起こす技術を推進するためには、新しいソリューションのための代替技術を必要とします

しかし、多くの業界では保守的で、使用される技術の概念実証とカスタマイズソリューションの必要性についての懸念がよくあります。アプリケーションの分野では制御と規制が欠如していることも企業に二の足を踏ませる要因となっています。

しかし、熟慮したアプローチをとってみると、水再利用システムを使用しなければならない理由とメリットは明らかです。

業界における一般的な水のカテゴリについて簡単に見てみましょう。工業用地では、水は至る所に存在しプロセス用水、冷却水、洗浄水などとして集中的に使用されています。また、水の使用量に加え汚染や洗浄、処理といった問題も起きています。

工業用水処理には、濃縮水、工業排水、塩水、工業用清水の4つの応用分野があります。

Grundfosは4つの分野すべてに供給していますが、ここでは濃縮排水と工業排水に重点を置いて説明します。

工場に入ると、まず水の取水または供給があります。いずれの場合でも、工場では水が使用され、目的に沿うよう処理されています。ここでは、水が工業プロセスに入るのを見ることができます。

処理や使用に続き、水は処理水や洗浄水として水質が変化し、そのため外部への直接的な排水ができなくなります。そのため、生物学的、物理的または化学的な処理が必要となります。

この排水の特性に応じ、さまざまな手順が使用されて洗浄されます。一般に、生物学的処理、粒子・イオン除去(それぞれ限外ろ過、逆浸透を用いる)および調節がよく使われます。

ここで説明した内容をまとめてみましょう。

- 工業プロセスで消費量が高い典型的な水は、処理水、冷却水、洗浄水です。

- 水不足、コスト、規制要件、新技術の使用可能性などの理由から水を処理して再利用します。

-水の再利用に重点を置く工業用水処理の用途は、濃縮排水と工業用排水です。

コース概要

モジュール
モジュール: 4
完了時間
完了時間: 25 分
難易度
難易度: 上級