汽水に逆浸透を用いたインテリジェントソリューションのメリット

溶解した固形物の内容の除去に逆浸透を使用するとき、汽水処理にインテリジェンスを追加する多くの利点についてご覧ください

このモジュールでは 逆浸透の基本原理、 水中の溶解固形物を除去する 際の効果、 産業用逆浸透システムの主な機能、 インテリジェントなCREポンプで 複雑性を緩和しながら、 効率を高められる方法について学習します。

浸透は自然現象であり、 低濃度から高濃度の溶液の、 半浸透性の膜を通じた 水の動きです。

膜には 水に対する浸透性がありますが、 ほとんどすべてのイオンを拒絶する 溶解固形物です。 水は浸透平衡に達するまでは 動きます。

しかし、 浸透圧より大きい圧力が 濃縮溶液に加えられると、 プロセスは取り消されるので、 逆浸透という名称になります。 限外ろ過は、懸濁した固形物を 水から除去することができますが、 逆浸透は 残りの溶解した汚染物質、 たちえばイオン、重金属などを 除去することができます。

両方の技術を組み合わせは、 通常、水の再利用などの 物理的処理に 適用されます。 工業用逆浸透膜の 最も一般的なものは、 スペースを節約しながら 表面積を増やすために、 シリンダーに巻き込んだ、 数枚の層の平らなシートで 構成されています。

シリンダーは次に 圧力容器の中に配置されます。 給水口から水が入ると、 水は膜の表面に流れます。 洗浄された水または浸透物は、 中央部の配管に集められる一方で、 濃縮あるいは排出物と呼ばれる 残りの部分は、 終端部に集められます。

給水口の原水と比較した、浸透物の量と 濃縮物の量の関係は は拒否率と呼ばれます。 逆浸透が機能するには、 かなりの圧力が必要です。

エネルギーの必要なプロセスにします。 今度は、 基本的なROシステムに含まれる 最小コンポーネントをご覧ください。 ...ポンプの給水口の側が、 原水の圧力を増加させるために機能するためのものであり ...逆浸透膜.と呼ばれます。

...そしてその反対側には、 2 つの出口水流があり ここには、一方に きれいな水が出てくる透過口があり、 もう一方に、濃縮物あるいは除去物のための 出口があります。 通常、逆圧または スロットルバルブが 濃縮物の出口に設置され、 膜内の圧力を高めます。

また、2つの流量センサーもあります。 浸透側に1つ 濃縮側に1つあり、 プロセスの除去率の バランスを取るために使われます。

システムを設定する際、 濃縮弁は完全に開いていて、 凝縮物側に全開流量がありますが、 浸透側には流量はありません。

水が膜を超えて流れるのに 十分な圧力が存在しないためです。

逆圧弁を調整することで 圧力は最適な拒絶率まで、 高めることができますが、 これはシステム設計や 処理する原水の質によって異なります。

その意味で、 原水の質には 膜に損傷を与えたり、システムの性能に影響する 様々な化合物が 含まれることがあります。 次に、前処理段階です。

前処理が行われていない場合は、 炭酸塩、硫酸塩、溶解塩などの 化合物は、 膜の詰まりを引き起こす場合があります。 これはスケーリングと呼ばれ、 システム全体の性能に、 影響を与える可能性があります。

...また塩素や塩化物などの 膜腐食性の高い物質は 膜の物質を破壊する可能性があり 処理の効果を 低下させます。

活性炭フィルターや柔軟剤は 通常、前処理のために使用され、 最初のステップは 膜に入る前に、 化学物質の痕跡を除去したり 原水から 塩素や塩化物を取り除くことです。

しかし、代わりとなる 処理方法は スケール防止剤やドーシングポンプを使用して、 異なる化学物質の入った水を 処理することです。

効率的な前処理を行うと、 多くのトラブルや費用を節約できます。 ただし、時間の経過とともに、 スケーリングが発生する可能性があります。

原水が膜の中で停滞している場合などです。 逆浸透装置の、 給水口と濃縮物の出口の差圧を 測定するセンサーを設置して、 これを監視することができます。 堆積物が膜の上に増加するにつれて、 この差圧が上がります。

事前定義された最大値に達したら、 膜を洗浄する必要があります。 たとえば、フォワードフラッシュと、 呼ばれるプロセスによって行います。

フォワードフラッシュを有効にするために、 逆圧弁には、パイロット弁のついた、 側管があります。通常の動作では閉鎖されていますが、 膜の洗浄が必要な時には、 開かれています。

濃縮物は今や自由に流れることができ、 これによって濃縮側の流量は、 増加します。 このようにして、堆積物を流し去ります。

用途によっては、生水で フォワードフラッシュするものもあり、 浸透物でするものもあります。 追加の安全対策として、 導電センサを追加して 浸透物の品質を測定することができます。

膜の完全性が損なわれた場合、 不純物や溶解した固体が通過させると、 浸透物の導電性が増加し、 設定レベルを超えた場合は、 浸透槽に望まぬ汚染を避けるために システムを閉鎖します。

異なる機能の制御機能と コンポーネントは複雑である 場合があります。 通常はPLCまたは 外部コントローラで行いますが、 インテリジェントCREポンプを 使用するという別の方法もあります。

そして、さらに安全性を向上するには、 他のコンポーネントを追加することができます。 誤作動の場合に給水口の水を 遮断する パイロット弁やパイロット弁や、 空運転を防ぐための圧力スイッチです。

タンクが過剰に充填されないように、し タンクのレベルが下がるまで、 プロセスを一時停止させる、 レベルスイッチもあります。

全体的に、 逆浸透系のシステムで、 コンパクトでインテリジェントなCREポンプには 小型フットプリントと 高効率が備わっており、 処理済みの1立方メートル当たりで、 低価格が保証されます。

使いやすいインターフェイスで、 測定信号はデジタル表示され、 そして、リモートモニターの オプションもあります。

逆浸透の基本原理と、 複雑さを提言する インテリジェントなCREポンプを 使用する利点についての モジュールはこれで終了です。 

コース概要

モジュール
モジュール: 4
完了時間
完了時間: 25 分
難易度
難易度: 上級