記事

高機能ポンプにより、空調や冷房時のトリップや凍結を解消

課題:

良好な室内環境と低い運転コストを維持するには、適切に制御された冷却システムが不可欠です。 一次側可変流量(VPF)システムは、これを達成する最適なシステムです。 しかし、チラーの凍結やトリップを防ぐため、チラーを通る最小流量を維持し、システムに迅速なアンロード機能を持たせる必要があります。 これは、正確な制御システム、可変容量圧縮機、ポンプとファン、および適切に制御されたバイパスラインで実現できます。

当社のソリューション:

従来のバイパス弁をグルンドフォスTPE3ポンプに置き換えることで、冷却装置の流量を最小限に抑えながらシステムを簡素化することができます。 ポンプはΔP一定モードで制御され、システム負荷に関係なく、チラーエバポレーターの圧力と流量を一定に保ちます。 チラーを通る流量が安全に最小流量を超えると、TPE3ポンプは自動的に停止します。 これにより、チラーの最小流量制限と無関係に、一次可変速ポンプの性能を低下させることができます。

平均して、商業ビルのエネルギー消費の30-40%はHVACシステムによるものです。 ホワイトペーパーをダウンロードして、可変一次流量システムなどの冷水システムがエネルギー使用量の削減と、汚染およびCO2排出量の削減にどのように貢献するかをご覧ください。

ソリューション: 可変流量

バイパス弁付きVPF

複雑さのコストを追加した効率

VPF冷水システムは、実際の負荷に合わせて冷却性能を調整することで、優れた効率と性能を実現しています。 しかし、流量を極端に早く減らしすぎるため、蒸発器で氷が形成される危険性があります。 多くの場合、共通ラインにバイパス弁を取り付けて、冷却コイルからの要求が最低流量を満たすのに十分でない場合に過剰な流量をチラーに戻すことです。 その結果、可変容量圧縮機、冷却塔ファン、ポンプ、バイパスラインが、すべての部品が連携して動作するための正確な制御を必要とするシステムとなりました。

バイパスポンプ付きVPF

チラーを通る最適な流量を維持する費用効果の高い方法

一定温度制御のグルンドフォスバイパスポンプソリューションは、一次ポンプの性能がチラーの最小流量制限から完全に独立していることを保証します。 これにより、システム内の過剰な流量が回避され、運転コストが最小限に抑えられます。 また、このソリューションに必要な部品はTPE3ポンプと差圧センサだけなので、システムの複雑さが軽減されます。

その他の関連記事と見識

グルンドフォスの調査や見識に関連する記事をご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。