記事

商業ビルの温水循環用高機能ポンプ

温水循環に最適なシステムの設計

課題:

温水循環用途では、蛇口を開けてすぐにお湯が必要です。 従来は、一定速度のポンプを使用して、温水と循環パイプラインに必要な圧力を供給していました。 ポンプは最高速度で運転し、通常はバルブで絞られます。 その結果、エネルギー消費が大きくなり、ポンプはシステムの変化に対応できなくなります。

当社のソリューション:

温水再循環のためのより効率的なソリューションは、温度一定ポンプを使用することです。 TPE3の温度一定制御は、蛇口と循環配管の水温を常に維持します。 温度が上昇するとポンプは下降し、温度が低下すると再びポンプの運転が加速します。 これにより、ポンプのスロットルバルブが不要になり、オーバーフローが発生しないため、大幅なエネルギー節約が実現します。

デンマークのヴィボルグ市立病院では、高い衛生水準を維持するために、安定した温水の供給が不可欠です。 病院におけるグルンドフォスTPE3の温度一定制御によって、蛇口を開くと温水がすぐ出る理由がわかります。

ソリューション: 温度制御ポンプ

固定速ポンプ

ポンプを一定速度で回転させることで、すぐにお湯を供給できますが、エネルギー消費は増加します

必要に応じてすぐに温水を確保するため、独立した循環パイプラインが設置されています。 従来、温水の連続循環には定速ポンプが使用されていました。 ここでは、一定の不必要に高い圧力が供給されるため、ポンプ絞り弁が必要となります。 これにより、投資コストとエネルギー消費の両方が増加します。

温度制御ポンプ

温度制御ポンプにより、性能が常に要求に一致します。

固定速度ポンプからの流量を絞る代わりに、MAGNA3やTPE3などの温度制御ポンプを取り付けることができます。 ポンプの温度一定制御モードにより、希望の水温が常に維持されます。 水温が上昇するとポンプは下降し、温度が下降するとポンプは上昇します。 ワイヤレス技術と内蔵センサにより、シームレスな制御が可能になり、性能と需要が継続的に適合します。 これにより、エネルギー消費を抑え、スロットルバルブのコストを節約することができます。

その他の関連記事と見識

グルンドフォスの調査や見識に関連する記事をご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。