記事

凝縮式および非凝縮式ボイラーシステムの温度制御

最適なボイラーシステムの設計

課題:

非凝縮ボイラーは、ボイラーに戻された水が排ガス中の水分の露点以下に低下しない限り機能しません。 煙道ガスの凝縮は大きなボイラー腐食を引き起こす可能性がありますが、高すぎる温度差は熱衝撃につながります。

一方、凝縮ボイラーは、効率よく運転するために熱交換器で排ガスを凝縮させる必要があります。 ボイラーに戻る水の温度が高すぎる場合、結露はほとんどまたはまったく起こりません。

当社のソリューション:

非結露ボイラーでは、通常速度で運転する通常のシャントポンプを使用する代わりに、TPE3と温度センサを追加することができます。 センサはボイラーに戻る水の温度を測定し、常に適切な温度が維持されるようにします。 これにより、最適なボイラー保護が確保され、運転コストが削減されます。

凝縮式ボイラーは、適切な戻り温度を維持して凝縮を可能にするために最大システム流量を設定するため、FLOWLIMITテクノロジーの恩恵を受けることができます。 潜熱を利用して運転効率を高めます。

最新のシャントポンプと結露防止ボイラー用周波数可変ドライブは、さまざまな方法で設定および制御することができます。 ホワイトペーパーでソリューションをご覧ください。

ソリューションを選択

従来型ボイラー

戻り水温が高いため、安全に運転できます。 しかし、高すぎると効率が低下します

従来のボイラーのシャントは、戻り水の温度を排ガス露点以上に保ち、腐食や熱衝撃を防ぎます。

シャントポンプの最適な調整は、給水温度(TF)と戻り水温度(TR)を監視するシステムセンサによって実現されます。 これにより、ポンプはこれらの値の変化に反応し、TRが最小または最大閾値に達したときに流量を調整します。 これに加えて、ボイラーの温度差ΔT= TF– TRを評価し、設定したリミットを超えたときに警告を発します。

TPE3には、ボイラーのシャント制御を最適化するビルトイン機能がすべて搭載されており、ボイラーの効率と安全な運転を保証します。

コンデンシングボイラー

戻り温度を低く保つことが効率の鍵です。 解決策は、高機能ポンプ制御です

復水ボイラーは、従来のボイラーと比較して効率が最大10-12%向上します。 しかし、有効性の向上は戻り水温TRに大きく依存します。 TRが低いほど、蒸発潜熱の回収率が向上し、ボイラー効率が向上します。

TRはシステムの流量に依存するため、適切なデューティーポイントの決定は、ボイラーの燃費に直接関係します。 しかし、システム内の圧力損失を予測することは困難です。 TPE3のFLOWLIMITは、最大システム流量を設定することで、これに対する最適なソリューションを提供します。 これにより仕様点が変更され、排ガスの凝縮に最適な温度が確保されます。

その他の関連記事と見識

グルンドフォスの調査や見識に関連する記事をご覧ください。

関連する用途

このテーマに関連するグルンドフォスの用途を検索してください。