事例

ウガンダの村々の生活を変えた安全で手頃な水への簡単アクセス

安全な水供給だと宣言できるように、地区全体でこのような給水システムを作ることが私の夢です

ウガンダブイクエ地区議長 Kigongo Mathias氏

ビクトリア湖沿いのウガンダの漁村部では、安全な水を簡単に手に入れることができませんでした。湖は産業廃棄物で汚染されており、摂取すると深刻または致命的な水媒介性の疾患を引き起こしていました。2015年、アイスランド政府は、この地域を支援する4年間の水衛生(WASH)プロジェクトに資金を提供することにしました。

アイスランドは、ブイクエ地区政府のNGOウォーターミッション・ウガンダおよびソリューション・プロバイダーのグルンドフォスと協力しました。プロジェクトの一部として、チームは約45,000人をカバーする39の村に、安全な地下水のための井戸を掘削し、ソーラー駆動のグルンドフォスAQtap給水ATMを備えた水道システムを設置しました。この共同の取り組みにより、ほぼ2年後には、水媒介性疾患に関連する病気の発生率は着実に低下しました。

ブゴバ村では、すべての年齢層の下痢患者数が2017-2019年と比べて45%減少しました。5歳未満の子どもでは65%減少しました。さらに、村の水委員会が水システムの運営を引き継いでいます。支払った水の費用は、持続可能な長期運転を確保するための運転と保守に充てられます。

背景

ブゴバ村(人口約 10,000人)は、ウガンダのビクトリア湖の丘陵にあるブイクエ地区の谷にあります。ジンジャの街からブゴバまで、赤土の道やサトウキビやキャッサバの作物畑を四輪駆動で通り抜けて約1時間かかります。湖は長く傾斜した丘の中腹にあり、村から徒歩30分かかります。

漁師の夫と結婚するためにAnnet Kasukya氏がブゴバに来たとき、彼女は20リットルの石油缶を水で満たすために山腹の道を歩いた多くの女性や少女の一人になりました。彼女は、調理と洗濯のために水を持ち帰りました。

「当初、ここの水は良いものだと思っていましたが、それは昔から利用していたものだったからです」と、Annet Kasukya氏は言います。「その後、病気になり、おそらく蚊が原因だと思いました。 コミュニティでは、人々はいつも病気でした。 隣人は住血吸虫症で亡くなりました。 彼の胃は腫れていました。 湖の水が私たちに影響を与えているとは知りませんでした」。

「私たちは病気になった子供たちと私たち自身の治療に、多くのお金を費やしました」と、グルンドフォスLifelink給水システム以前の時代のブゴバの村人であるAnnet Kasukya氏は言います。「日々の生活の中で私たちを助けるお金を貯めることはできませんでした」。

彼女の長女Hanifa(現在6歳)ちゃんは重度の下痢になりました。「私たちは彼女を治そうと多くのお金を費やしました」とAnnet氏は言います。「彼女はひどい脱水症状になりました。彼女の命はもう少しで尽きてしまいそうでした」。

村人の中には、もっと湖の深いところから水を汲み出す方がきれいだと思っていた人もいました。それには、溺死やワニを含む、それ自体の危険性がありました。「湖はまったく良いものではありませんでした」と彼女は言います。

井戸はありましたが、2、3時間かけて道路を反対方向に歩いていく必要があり、水は確実に安全とは言えませんでした。他の選択肢は、地元の水業者から水を購入することでした。彼らは日中、村の水を石油缶当たり500ウガンダシリング(0.15米ドル)で売っていました。

「高価でした。 買う余裕はありませんでした」と彼女は言います。「病気になったとき、私たちは子供たちに、さらには私たち自身の治療に多くのお金を費やしました。 日々の生活の中で私たちを助けるお金を貯めることはできませんでした」。

ブゴバの村人であるAnnet Kasukya氏は自身のWaterCard(水クレジットが補充されている)を使用して、グルンドフォスAQtap給水ATMで20リットルの水を購入しています。

「かつて湖は良好な水源でしたが、やがて産業開発と人口増加が汚染をもたらしました」と、ブイクエ地区議長のKigongo Mathias氏は説明します。「湖畔の地域社会では、水媒介性疾患の増加、特に子どもの死亡、医療費の高騰、生産的労働時間の減少が見られ始めました。これが貧困の負のスパイラルとなり、幼児の成長を遅らせました。これは、個々の家庭や地方政府にとって望ましくありませんでした」。

この地域にはNGOは存在せず、新しく作られたブイクエ地区には、井戸の掘削や水供給計画の準備をするための資金がありませんでした。

「給水システムは機能しています」とウガンダブイクエ地区議長のKigongo Mathias氏は言います。彼は、グルンドフォスAQtap給水ATMを備えた新しい水道システムが、ブゴバのような漁村に持続可能な淡水をもたらしたと語っています。水媒介性疾患は着実に減少しています。

アイスランドが関与

2015年、ウガンダの首都カンパラに拠点を置くアイスランド大使館は、地方政府の要請により、ブイクエで水衛生(WASH)プログラムを開始する必要性の調査を開始しました。

大使館のシニアプログラム責任者であるMaurice Ssebisubi氏は、海岸線に沿った39の確立された村を特定しました。それからコンサルタントが地域を評価しました。「彼らが見つけた最大の問題は、清潔で安全な水がなかったことです」と彼は言います。「第二に、衛生施設がありませんでした。すべてがオープンな便所でした。コミュニティは本当にひどい状態でした」。

ウガンダのアイスランド大使館シニアプログラム責任者 Maurice Ssebisubi氏

水システムについては、アイスランドのチームは市場でのさまざまなオプションの研究を開始しました。「私たちは、人々がコミュニティの血液である水を手に入れるのを止めないように、ポンプを備えていることを確認しながら、実際に私たちにお金に見合った価値を与えることができる何かを望んでいました」。

チームはウガンダの農村部にあるいくつかの異なる配水システムを訪問しました。現金取引を使用する場合のように、それぞれに特有の課題がありました。「誰かがお金を集めても、お金はどこかへ消えてしまう。そして、ポンプが1週間故障すると、誰かが来て、それを取り去るだけです」と彼は言います。

他のプロジェクトでは6か月間水が流れていましたが、その後、蛇口は干上がってしまいました。北部の村のあるシステムでは、コミュニティ管理モデルを使用していましたが、住民は収入管理に苦労していました。「私たちは同じ過ちを犯したくはありませんでした」と彼は言います。

ソリューション: グルンドフォスLifelink給水システム

Maurice氏のチームがブイクエ近くのキコンドにある太陽光発電のAQtap給水ATMを訪れたとき、状況は一変しました。「私たちは資料を見て、3年ほど運転してきているのを確認しました。そこに戻るたびに、水が流れていました」。

NGOのウォーターミッション・ウガンダは、キコンドに給水ATMを備えたLifelinkソリューションを導入しました。アイスランドは彼らと相談し、グルンドフォスのAQtapソリューションのような前払いで提供する自動給水キオスクソリューションと、新しい給水スキームを接続することが最善の解決策であると結論付けました。

ブゴバの村人はグルンドフォスAQtapの1つでポリタンクを満たします。

アイスランド政府は、水システムの運用と維持のための資金を確保するために、水に少額の支払いを要求する必要性を既に決定していました。グルンドフォスのAQtap給水ATMは、WaterCardベースの前払いおよびオンライン水管理システムでこれを実現しました。

このように、アイスランドは2019年に完了する4年間でWASHプログラムに670万米ドルを提供しました。資金には約45,000人の人口が暮らす39の村にある24の井戸が含まれていました。村には太陽光発電式のグルンドフォスSP水中ポンプとRSIソーラーインバータ、107台の太陽光発電式AQtapsができました。ブゴバはその村の一つでした。2017年には3つのAQtapsが設置されました。

WASHプログラムは、衛生施設、雨水貯留スキーム、トレーニングなども提供しました。

2020年までに、ブイクエ地区の地方自治体がシステムの完全な所有権を取得することになります。「地域社会はシステムを自身で運営できなければなりません」とウガンダのアイスランド大使Unnur Orradóttir Ramette氏は言います。「これは低コストで、かなりメンテナンスフリーのシステムです」。

「私たちはより良い健康と教育に貢献しています」とウガンダのアイスランド大使であり、グルンドフォス Lifelink 給水システムを使用するWASHプロジェクトのパートナーであるUnnur Orradóttir Ramette氏は言います。

仕組み

まず、コミュニティは定期的に井戸の水を検査し、安全を確保します。塩素消毒の後、安全な水は太陽光発電によってタンクに汲み上げられます。そこから、重力によって配管を通じて水がグルンドフォスAQtap給水ATMに送られます。AQtapsは村の中心に位置しています。

村人たちは、プリペイドWaterCardを使って、昼夜を問わず、いつでも給水ポイントで家庭や中小の企業活動のために安全な水を得ることができます。20リットルの水に100シリング、これは約0.03米ドルに相当します。

「私たちは、キャッシュフリーで、システム全体の透明性を確保できるソリューションを求めていました」とUnnur Orradóttir Ramette氏は言います。

ポンプからの運転データだけでなく、取引や運転からのデータも処理され、オンラインで公開されます。「AQtapシステムで送金するのは、他と比べて非常に簡単です」とモーリス・セビスビ氏は言います。「第二に、すべてをオンラインで管理できます。トラブルシューティングはオンラインで行うことができます。誰にも電話する必要はありません」。

ウガンダ水道局のTom Kisubi局長は、同システムの財務管理によってプロジェクトの社会的持続可能性が向上すると述べています。「キャッシュレス取引があります。 私たちが話しているように、人々は彼らのWaterCardに信用を得ることができます。人々は現金を持つ必要はありません。それは説明責任を高めます。財務管理が向上し、最終的にはシステム全体の持続可能性が向上します」。

3つのグルンドフォスAQtap給水ATMの1つがあるブゴバの村人。

Maurice Ssebisubi 氏は付け加えます。「資金はすべて地区で一元管理されていますが、人々はWaterCardsを持っています。ここに、お金が預けられた銀行に口座を持っている地区職員がいます。誰でも見ることができます。すべて1人の担当者に届けられます。従来のシステムでは、さまざまな委員会や財務担当者を対象としていたため、最終的にはすべてが崩壊してしまいました。AQtapにより、トレーサビリティが大幅に向上しました」。

AQtap給水ATMのもう1つの大きな利点は、その耐久性にあると同氏は言います。「これらはコミュニティで3年間の試練に耐えてきました」と彼は言います。「問題はありませんでした。 私はいつも人々に『これは水のiPhoneだ』と言います」。

安全な水の成果

AQtapsが2年以上運営されているブゴバ村では、村人のAnnet Kasukya氏が、違いは一目瞭然だと言います。「村はとてもきれいです。また、病気の人が嘔吐をしたり下痢をしたりすることもなくなりました。人々はきれいになる方法を学びました。清潔を保つために」と彼女は言います。

「今では新鮮な水が手に入り、状況は大きく変わりました」と彼女は続けます。「水にアクセスできます。夜間でも、朝でも正午でも入手できます。100シリングで買えるという余裕があります。20リットル買うことができます。それほど費用はかかりません」。

彼女は、今では家族が薬代や診療所を訪れる費用を節約でき、子供たちも学校に行くことができると付け加えました。ブゴバでは、地元の教師は、村人たちが安全な水と衛生設備を利用できるようになった後、学校に通う子どもの数はほぼ倍増したと言います。

わずか1年後の2018年にとった大使館の予備データによると、ブイクエ地区全体で水媒介性疾患に関連する病気の割合は7%減少しました。地区は、すべての漁村における2019年のWASHプログラムのデータはまだ持っていません。しかし、ブゴバでは、すべての年齢層の下痢患者数が2017から2019年にかけて45%減少しました。5歳未満の子供では65%減少しました。

アイスランド大使館はプロジェクトの完全な評価を行う予定ですが、「初期の数値では、地区の安全な水へのアクセスが人口の約90%まで増加したことが示されています」とMaurice Ssebisubi氏は言います。「目標は、2019年末までに村で下痢関連疾患を完全に根絶することです」と同氏は言います。

ブゴバでは水媒介性疾患の発生率が低下しているため、より多くの地元の子供たちが学校に通い、より良い教育を受けることができます。ここでは、理科の授業で学校の裏側の野原で昆虫を探しています。

持続可能なシステム

地区議長のKigongo Mathias氏は、病気の住民を訪問するのに多くの時間を費やしていたと言います。今日では状況が変わりました。彼は地元の診療所からのニュースに感銘を受けました。

「あまり仕事がありません! 医薬品の在庫を見ると、消費量は非常に少なくなっています。それによって政府は多くのお金を節約できます」と彼は言います。

「もっとお金があれば、私の夢が叶います」と彼は付け加えます。「地区全体がそのようなシステムを持つようにすることで、この地区は水供給の点で非常に安全であると断言することができるのです」。

Unnur Orradóttir Ramette大使は、持続可能な展望はこのWASHプロジェクトの範囲を超えていると言います。「私たちは健康と教育の向上、持続可能な開発の目標に貢献しています。その多くは、安全で手頃な価格の水に関する持続可能な第6の目標です」。

「私たちは、地球上の何億人もの人々に手頃な価格の安全な水を提供したいと考えています」と彼女は言います。「その目標を達成するには、総力を挙げなければなりません。 私たちは、非常に効果的なソリューションを見つけました」。