グルンドフォスの持続可能性

グルンドフォスでは、創業以来、持続可能性をすべての活動の中核に据えています。当社は、従業員に力を与え、フットプリントを削減し、責任あるガバナンスを実践することで、持続可能な事業を実現しています。

世界の水と気候の課題に対するソリューションを開拓し、人々の生活の質の向上に貢献することが、当社のビジネスの根幹です。それは当社の目的であり、インスピレーションであり、指針なのです。

この1年を通して、グルンドフォスが目的に向かって進みながら、この責任を担っていることを誇りに思います。2022年、当社は新しいブランドプロミスを発表し、世界をより良い場所にするという当社の未来への展望とコミットメントを再確認しました。当社が約束するのは、水の流れを尊重し、守り、前進させることです。

- グループ社長兼CEO、ポール・デュー・イェンセン

2022年サステナビリティ・レポートのCEOのメッセージ

グルンドフォスのネットゼロの未来

グルンドフォスは、ネットゼロおよび2030年の科学に基づく目標を設定することで、持続可能性への取り組みにおいて最も大胆な一歩を踏み出しました。

当社の科学に基づく目標は、省エネルギーを追求する姿勢に支えられたものであり、当社のフットプリント全体とバリューチェーンの奥深くで気候変動対策に取り組むリーダーシップを強調するものです。

2030年までに、当社は以下をコミットします:

  • スコープ1とスコープ2のGHG排出の絶対量を2020年を基準として50%削減する。
  • スコープ3のGHG排出の絶対量を2020年を基準として25%削減する。

2050年までに、当社は以下をコミットします:

  • スコープ1、スコープ2、スコープ3のGHG排出の絶対量を最低90%削減する。
  • バリューチェーンを超えた排出量の中和

グルンドフォスの持続可能性の旅の詳細

お問い合わせ

グルンドフォスグループの持続可能性の詳細は、グループサステナビリティチームにお問い合わせください: sustainability@grundfos.com.